体験予約 LINE予約

blog
ブログ

筋肉痛がこなくて悩んでる方必見!その原因とメカニズムについて

筋肉痛が起きないあなたへ!

高輪・品川のパーソナルジム、CALORIE TRADE JAPAN高輪店です。

筋トレを行っても筋肉痛が起きない。

本当に聞いているのか?と筋トレを行っている人は一度は、考えたことがあるのではないでしょうか。

今回は、筋トレをしても筋肉痛がこない、原因や、その効果について解説していきたいと思います。

 

筋肉痛のメカニズム

筋肉痛とは、一体どの様なメカニズムで起こるのでしょうか。

結論から、言いますと実は筋肉痛のメカニズムは、明確には解明されておりません。

ここでは、いくつかの論文を元に、メカニズムについて見ていきましょう。

 

乳酸が溜まり生じる筋肉の痛み

以前の説では、筋肉痛が起きるメカニズムとして、激しい運動や筋トレにより、筋肉繊維が破壊され、筋肉疲労物質である、「乳酸」がたまった結果筋肉痛を引き起こすとされていました。

 

筋繊維の損傷による炎症の痛み

こちらは、現在でも有力とされている説で、運動による筋繊維の損傷を修復する際に、炎症が起こって痛みを引き起こすという説です。

普段使わない筋肉や、動きなどを行うと筋繊維にわずかな損傷が起きます。

その損傷した、筋繊維を修復する過程で、炎症が起きそれが筋肉痛として現れているということです。

 

筋肉痛の種類

歳を重ねると、筋肉痛が起きるのが遅い。

といったことを耳にしたことはありませんか?

実は、その説も医学的には、全く解明されていませし有力とは言えません。

実は、筋肉痛にも種類があるので説明していきます。

 

即発性筋痛

巷で言われる、若い人に多く早い段階で起こる筋肉痛です。

激しい運動や、普段使わない筋肉を使った際に起こりやすい筋肉痛です。

筋肉の代謝物である「水素イオン」がたまりやすくなって筋肉痛が起こります。

 

遅発性筋痛

歳を取ると、筋肉痛が遅いと言われたりしますが、それが遅発性筋痛です。

医学的には、歳は関係ないとされています。

遅発性筋痛が、起こりやすい原因として、筋肉を伸ばしながら力を発揮する「エキセントリック」動作が挙げられます。

イメージとしては、下り坂を駆け下りる時や、重い荷物を下ろす際に腕が伸びる時に働く動作になります。

どちらが、良し悪しという事ではありませんが、急な激しい運動は、筋肉にも大きなダメージがあるので、運動は定期的に行っていくのが一番です。

 

筋肉痛が起きない原因

筋トレを行っても、筋肉痛がこないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、筋肉痛がなくても筋肉はしっかり成長します。

筋肉痛の発症は、その日のトレーニングメニューや、強度によっても変わってきます。

それでは、筋肉痛が起きない原因をいくつか見ていきましょう。

 

運動負荷が弱い

毎日同じ負荷で、トレーニングを行ってくると筋肉は、その負荷に慣れてしまいます。

負荷に慣れると、筋繊維の損傷も少なくなり、筋肉痛も起こらなくなり、成長も止まってしまいます。

ダイエットで、カロリーを減らしたい目的であれば良いのです。

筋肉を成長させてボディーメイクをしたいという方は、しっかり段階を踏んで負荷を上げていくことが大事になります。

 

有酸素運動しか行なっていない

ボクササイズや、ランニング、水泳などの有酸素運動では、筋肉痛が起こりづらくなります。

原因としては、以下の事が挙げられます。

  • 体がその動きに慣れてしまっている
  • 全身を使う運動が多いので、負荷が全身に分散されている
  • 基本的に自重トレーニングなので、筋肉に対する負荷が弱い

有酸素運動もとても良いトレーニングですが、筋肉を成長させたいのであれば筋トレを加えて見ましょう。

 

毎日同じ部位を鍛えている

筋肉を成長させるためには、休養も必要となってきます。

筋肉痛がこないからといって、毎日同じ部位を鍛えるのは控えましょう。

逆を言えば、毎日鍛えらるぐらい負荷が弱いということになります。

 

フォームや動作が間違っている

これは、初心者に多く見受けられます。

狙った部位を、鍛えてるつもりがフォームや動作が全く違い、上手く筋肉を刺激できていないパターンです。

狙った部位に上手く効かない、動作がいまいちわからない人は、専属のトレーナーをつけることをお勧めします。

 

まとめ

今回は、筋肉痛のメカニズムと、筋肉痛が起きない原因について解説していきました。

筋肉痛が起きなくても、筋肉は成長するので心配しなくて良いでしょう。

ただし、動きややり方が間違っている場合には、しっかり改善が必要となります。

負荷を上げていきながら、運動の習慣を身に着ける事が一番大事になってきます。