ブラックコーヒーはダイエットに最適!

品川、高輪のパーソナルジム、CALORIE TRADE JAPAN高輪店です。

朝の目覚めのコーヒは美味しいですよね。

1日をスタートさせるための飲み物であるコーヒー。

実は、コーヒーにはダイエットにとても良いと知ってましたか?

今回は、ダイエットに良いコーヒーについて効果や、飲み方、注意点を解説していきたいと思います。

 

ブラックコーヒーの効果

 

ブラックコーヒーの効果を見ていきましょう。

 

カフェインが脂肪燃焼促進させる

コーヒーと言えば代表的な成分が「カフェイン」ですよね。

カフェインを摂取すると、交感神経を刺激し、血流が良くなり、新陳代謝もUPします。

それにより、脂肪の分解を促進させたり、エネルギーの消費を高めてくれる作用があります。

 

クロロゲン酸

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、強い抗酸化作用があり、ポリフェノールの一種です。

カフェイン同様に、脂肪燃焼効果や、ストレス緩和やリラックス効果もあるとされております。

 

シミ防止

クロロゲン酸には、シミの原因であるメラニンの酸化を抑えてくれる効果があるとされています。

女性の悩みでもあるシミを抑えてくれるのはとても嬉しいですね。

ブラックコーヒーの効果的な飲み方

ブラックコーヒーを飲む際には、効果的な飲み方あるのでここで紹介します。

 

アイスよりもホットで飲む

コーヒーはアイスで飲むよりも、ホットで飲むようにしましょう。

ホットの方がアイスよりも体が温まりやすく、基礎代謝が上がりやすいと言われております。

また、80度を目安にすると、カフェインやポリフェノールのダイエット促進効果が見込めると言われております。

 

食後30分以内に飲むのがおすすめ

コーヒーは食前より食後に飲むのをおすすめします。

上記でも説明した、カフェインやポリフェノールには、脂肪燃焼効果があるからです。

また、空腹でコーヒーを飲むと、胃酸の分泌を促進させてしまい、胃が荒れる可能性があります。

 

トレーニングの30分前に飲む

トレーニングの前に飲む事で脂肪燃焼や、集中力向上の効果があります。

ティーカップ一杯程飲むと良いでしょう。

 

ブラックコーヒーを飲むときの注意点

ブラックコーヒーを飲むときの注意点を見ていきましょう。

 

寝る前は飲まないようにする

寝る前にコーヒーを飲むと、交感神経が刺激され体が興奮状態になり、不眠へ繋がる事があります。

できるだけ、就寝前は避けるようにしましょう。

 

妊娠、授乳中は控える

カフェインは、妊娠や、授乳に悪影響を与えると言う結果が出ています。

さらに、お母さんの鉄分や、カルシウムの吸収も妨げると言われております。

できるだけ、カフェインレスの物を飲みましょう。

カフェインが入ってないから効果がないわけではない

カフェインレスの物にも、クロロゲン酸が多く含まれているので効果的です。

 

飲み過ぎには注意

欧州食品安全機関によると、1日のカフェイン摂取量を「400mg」と公表しております。

約コーヒーカップ4~6杯相当になります。

カフェインを取りすぎると、不眠になったり、胃が荒れたりする恐れがあり、逆効果になるので注意しましょう。

 

まとめ

今回は、ブラックコーヒーのダイエット効果や飲み方注意点を解説していきました。

ブラックコーヒーをダイエットの味方につけるには適正な量と、飲み方に気をつける事が大事になってきます。

是非参考にしてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です